当院整形外科は、関西医大整形外科学教室の関連施設として、また日本整形外科研修指定施設として常勤整形外科医師3人(日本整形外科専門医3人)で、診療を行っています。年間の手術件数は400件前後で、脊椎手術、関節手術、外傷を中心として、幅広く運動器疾患の外科的治療を行っています。

脊椎疾患に対しては、顕微鏡を用いた低侵襲手術や種々の固定材料を用いた脊椎固定術、骨粗鬆症性骨折後の偽関節に対する椎体形成術など、症例に応じて対応しています。
関節疾患については、枚方人工股関節センターを開設し、安全で安心のある最良な医療を行っています。
四肢の骨折治療についても、豊富な経験を有し、できるだけ早い治療の開始を目指して救急車を受け入れ、地域医療に貢献しています。

   

また、当院では、多くの理学療法士や作業療法士がいる回復期病棟も併設しており、適切なリハビリテーションを行い、患者様の機能回復や在宅復帰に努めています。

外来診療では、午前は2診体制、午後、夜間診療は1診体制で診療を行っています。患者様にわかりやすい言葉でお伝えすること、また疾患によってはパンフレット等を用いて丁寧に説明するように心がけています。今後は、より専門性の高い特殊外来(リウマチ、脊椎、手の外科等)を開設し、医療レベルの向上に努める予定です。

      

日本整形外科学会研修指定施設として、より専門性の高い診療
日本脊椎脊髄病学会手術指導医による脊椎疾患の治療(顕微鏡下除圧や脊椎固定術)
日本リウマチ学会専門医によるリウマチ治療(外科治療、生物製剤を含めた薬物治療)
日本手の外科学会専門医による手疾患治療
透析患者様の運動器疾患に対する治療
外傷治療に対する豊富な経験と適切な治療

            

  

研究に関する情報