• TOP
  • ご挨拶

ご挨拶

[理事長ご挨拶]

地域の皆様に良質で安心・安全な
医療の提供を目指して

昭和38年に、当病院が枚方市香里ヶ丘の地に設立されてから55年間、地域周辺の医療に携わってまいりました。その間、増改築も行いましたが、老朽化は否めず、 患者様に、より安心、安全な環境の下で治療を受けて頂くべく、平成30年5月、約3年間に及ぶ工事を終了し、香里ヶ丘5丁目に新病院を開設致しました。新たな地で、引き続き、地域密着型完結医療を目指し、地域医療へ貢献してまいります。

新病院では、新たに回復期リハビリテーション病棟を設けました。世界でも類を見ない速さで超高齢化が進んでいる日本において、リハビリテーションの重要性もより一層増しています。急性期の治療は勿論のこと、患者様には専門職による質の高いリハビリテーションを受けて頂き、心身ともに回復し、元の元気な状態になって日常生活に戻って頂くことが願いです。

他の診療科(内科、小児科、外科、人工透析、眼科、皮膚科、歯科)についても、これまで以上に質の高い医療を提供できるよう、すべて専門医が担当する体制を整えました。外科、麻酔科では、常勤を招聘し、手術も随時適応できる体制を取っております。より精密な診断ができるよう、高度な医療機器も導入しました。

当然のことながら、よりよい地域医療の実現には、当病院の質の向上だけでは足りません。関西医大枚方病院、星ヶ丘医療センターなどの公的病院、周辺地域の開業医の皆様との連携・協力をこれまで以上に進め、地域の医療機関が一体となって、地域の住民の皆様に、良質で安心、安全な医療を提供していくため、当病院もその一翼を担ってまいりたいと思います。

また、併設している看護専門学校においては、「生命の尊重」及び「個人の尊厳」という教育理念を基軸とし、深い教養を身につけた人間性豊かな若い世代を医療現場へと送り出すことで、地域医療へ貢献してまいります。

香里ヶ丘有恵会病院が、地域の住民の皆様から信頼されるよう、職員一同努力を怠らず、邁進してまいります。

理事長 松本 豊一郎

  • 1977年 
    関西医科大学卒業
  • 1979年 
    関西医科大学付属病院 整形外科助手
  • 1987年 
    健康保険滋賀病院 整形外科部長
  • 1994年 
    香里ヶ丘有恵会病院 副院長就任
  • 2006年 
    香里ヶ丘有恵会病院 病院長就任
  • 2007年 
    香里ヶ丘有恵会病院 理事長就任
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本リウマチ学会専門医
  • スポーツ専門医

[病院長ご挨拶]

今まで以上に地域に愛される
医療のご提供をめざして。

香里ヶ丘有恵会病院は昭和34年10月、有沢第2病院として設立され、昭和57年に香里ヶ丘有恵会病院と名称変更がなされました。設立当初から数えますと、半世紀以上の歴史を有することになります。その間、医療情勢が大きく変わる中で、一貫して地域に根差した信頼される医療を継続してまいりました。ただ、この地域の世代や住居環境が新しく変わっていく中で、増改築を繰り返したものの、病院の老朽化は否めず、アメニテイーの面でも、皆様に多くのご迷惑をかけてきました。私どもとしても、いい医療を提供してきたと自負している中で、いい療養環境を提供できないもどかしさを常に感じてまいりました。その中で、数年前より、移転計画が進み、平成30年5月に、香里ヶ丘5丁目に新香里ヶ丘有恵会病院として、新たなスタートをきることになりました。新病院は、最新の施設や医療機器を備えており、患者様に、清潔で明るい医療環境が提供できるものと考えております。診療内容も充実し、今まで以上に、誠実で安心できる医療を提供できるものを確信しております。

今後、日本が高齢化社会を迎えることはご承知の通りです。新しい世代が転入しつつあるとはいえ、この香里ヶ丘の地域も、例外ではありません。この地域のニーズに沿えるよう、急性期医療だけでなく、回復期、慢性期、在宅医療と、包括的な医療が提供できるように、職員一丸となって、努力してまいりたいと考えています。

近年、医療を取り巻く環境は厳しくなりつつありますが、我々の病院は、この地域に必要不可欠なものであり続けると信じています。昭和34年以来の半世紀、さらにはこれからの半世紀、地域密着型の信頼される病院としてあり続けたいと考えています。

病院長 赤木 繁夫

  • 1980年 
    関西医科大学卒業
  • 1980年 
    関西医科大学付属病院 整形外科助手
  • 1992年 
    関西医科大学整形外科学 講座講師
  • 1998年 
    関西医科大学整形外科学 講座助教授
  • 2007年 
    関西医科大学滝井病院 整形外科部長
  • 2008年 
    香里ヶ丘有恵会病院 院長就任
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本リウマチ学会専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会指導医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医