ペインクリニック(麻酔科)

当院のペインクリニック(麻酔科)ではさまざまな「痛み」の治療を行っています。
痛みを理由に病院などを受診されることは多いですが、安易な薬の処方や注射・マッサージなど「応急的な治療」しかされておらず十分な治療がされていないと感じることもあると思います。
当科では症状の原因に沿ったお薬の調節やブロック療法によって「痛みの治療」だけではなく、症状が改善した状態を維持しながら「日常生活の改善」まで目指します。
また痛みの原因は様々であり、必要な場合は他の診療科と連携しながら最適な治療法を提案していきます。
痛みでお困りでしたら、一度ご相談ください。

対象となる主な疾患

頭痛・顔面痛、首・肩・腕の痛みやしびれ(頸椎症や五十肩)、帯状疱疹(ヘルペス)痛、腰・足の痛みやしびれ(脊柱管狭窄症や仙腸関節障害)、血行障害、がんの痛み、術後痛など 「痛み」全般

当院のペインクリニック(麻酔科)の
特徴

日本ペインクリニック学会認定専門医による、最新の医療器材を用いた質の高いブロック治療が受けられます。
ブロック治療は一時的なものと考えられている患者様もおられますが、実際は使用した薬剤の効果時間よりもずっと長く効果があることがほとんどです。
そのためブロック治療は非常に有効な治療法ですが、体の深部の組織を狙うことが多く危険を伴います。
当科では、大学病院などで十分なペインクリニック診療を経験した医師が、最新の超音波(エコー)やレントゲン装置を用いて神経や血管の走行や骨の変形などを確認した上でブロック治療をおこないます。
またブロックの種類によっては一時的に血圧の低下や力の入りにくさを自覚されることがあるため、処置後の安静時間を十分にとらせていただくことでより一層の安全性を確保します。
さらに、痛みが強く通院が困難な患者様の場合は入院での治療も可能です。

トリガーポイント注射などブロック治療よりも侵襲的でない治療法も選択できます。
ブロック注射に抵抗感がある患者様には、より体の表面を狙ったトリガーポイント注射やFasciaリリース(筋膜リリース)注射などを提案しています。
当院の超音波(エコー)は筋肉の弾力性を評価することができるため、硬くなった部位(トリガーポイント)を実際に確認しながら治療が可能となります。
肩こりや寝違え・軽度の腰痛などにも適応があります。

日常生活を考慮し、鎮痛剤の調整をおこないます。また漢方薬の併用も積極的におこないます。
痛みが慢性化すると、鎮痛剤を多く内服してしまい副作用の心配もあります。当科では痛みの治療を開始する前に患者様と十分に相談させていただき、治療目標を設定します。
そうすることで最小限の内服薬に抑えます。
また、一般的に副作用が少ないと言われている漢方薬にも痛みに対して効果があるものがあります。そのような漢方薬を併用することで日常生活の改善をはかります。

医療関係者様向

痛み治療だけではなく、神経ブロック療法が適応となる疾患にも対応します。
例:突発性難聴に対する星状神経ブロック・四肢血行障害(虚血痛)に対する交感神経ブロック・拘縮に対する除痛下リハビリテーション・がん性疼痛に対するくも膜下フェノールブロック・術後痛に対する種々のブロック治療など

手術麻酔のご案内

当科では手術における麻酔も提供しています。平成31年4月より常勤麻酔科医を配置しました。主に全身麻酔が必要な患者様に対して、手術前の全身状態の評価から手術中・手術後の状態まで継続的にフォローできるため、より安全に手術が受けられる環境となっています。

全身麻酔

手術室へ入室してから点滴もしくはマスクからの吸入で麻酔薬を投与することですぐに眠ってしまいます。
手術中は血圧などを見ながら麻酔科医が麻酔薬を調整しながら継続的に投与しているため、手術中の痛みや記憶は一切ありません。
手術の終了と共に麻酔薬を中止することで徐々に目が覚め病棟のベッドへと戻っていただきます。

脊髄くも膜下麻酔

主に2〜3時間以内の下半身の手術に対しておこないます。
手術室のベッドの上で横向きに寝ていただき背中の表面を麻酔した後に、細い針を使用し腰椎のくも膜下腔へ注入します。
10〜15分程度でみぞおち〜おへそより下の感覚がない状態が作られます。

硬膜外麻酔

背中から硬膜外腔という場所に細い管(カテーテル)を留置します。
主に手術後の痛みが強いと予想される手術に対しておこないます。

伝達麻酔(神経ブロック)

手術をする部位の近くを走行する神経に対して麻酔をすることで部分的な痛みをとる方法です。
手術後の痛み止めとして使用する場合もあれば、これ単独で手術が可能な部位もあります。

[医師のご紹介]

河合 茂明 医師

平成31年4月よりこちらでペインクリニック(痛みの治療)と手術麻酔を担当させていただきます。今まで大学病院や機関病院などで診療をおこなう中で、様々な痛み治療をおこなってきましたが十分な治療をされていない状況を目の当たりにしてきました。痛みの治療はもとより、生活や機能の改善など総合的に治療を行える環境を整えていきますので、痛みに関してお気軽に相談ください。また、手術麻酔においても個々のリスクを十分に評価し安全に行えるよう努めて参ります。

出身大学/大阪市立大学

認定医・専門医・指導医

医学博士/ペインクリニック専門医/麻酔科専門医・認定医・標榜医/日本緩和医療学会 会員・緩和ケア講習修了/日本東洋医学会 会員