眼科

当院眼科は、「大学病院と同様の手間をおしまない方法による手術を行うことで術後も長期にわたり安全で安定していること」を目標として、白内障手術を中心に、斜視手術(小児および成人)や、眼瞼痙攣や片側顔面痙攣に対するボトックス治療など幅広く対応しております。

外来診療においても以前より設置されていた通常の検査機器、視野計(ハンフリー視野計とゴールドマン視野計)や超音波などに加え、眼の立体的な病状解析が出来る光干渉断層計(後眼部と前眼部)、最適な波長で網膜光凝固が可能なマルチカラーレーザー、後発白内障や閉塞隅角症だけでなく慢性緑内障の治療も出来るヤグレーザーなどの検査機器や治療機器により、緑内障、糖尿病網膜症、後発白内障、ドライアイなど様々な眼疾患をより適切に診察・治療いたします。

 一方、専門的治療が必要な場合や高度な精密検査が必要な可能性がある場合には、当院で確定診断することにこだわらずに、負担や侵襲がある検査を重複して受けることを避けるように心がけ、速やかに近隣(枚方市や寝屋川市)の大病院や大阪医科大学附属病院に紹介させていただきます。

対象となる主な疾患

白内障、緑内障、糖尿病網膜症、後発白内障、ドライアイ、斜視、弱視、眼瞼痙攣、網膜静脈分枝閉幕症、黄斑浮腫など

当院の白内障手術の特徴

当院では白内障手術を積極的に行っております。
全身状態やご希望により0泊(日帰り白内障手術)から1週間程度の入院まで行っております。
京阪バスで枚方市駅南口、枚方公園駅前、京阪香里園より当院へ通院可能ですので、
枚方市、寝屋川市、交野市などにお住まいの方では0泊(日帰り白内障手術)、1泊入院での白内障手術を受けられる方が増えています。

医師(眼科専門医)2人での手術

当院は1993年に白内障手術を開始。以来、常勤医師と非常勤医師の菅澤淳医師(大阪医科大学功労教授)の医師2人と看護師2人で白内障手術を行っております。
日本眼科学会認定眼科専門医2人による手術により、さまざまな問題が手術時に生じても、すみやかに解決できる体制を構築しております。

大阪医科大学附属病院やその関連施設でも安全性を高めるため、医師2人により白内障手術を行うことが推奨されていますが、手術執刀数が2,000件以上の眼科専門医2人で手術を行っている施設はほとんどなく、当院の特徴といえます。

保険適用のプレミアム眼内レンズをいちはやく導入

2009年末より乱視を軽減できる眼内レンズ(トーリック眼内レンズ、SN6AT3-9_,AIcon)をいち早く導入しました。さらに2019年初めより術後の老眼の症状を軽減できる2焦点(遠方と約66cm)の保険適用の眼内レンズ(LS-313 MF15やMF15T1-3,Santen)をいち早く導入しました。この眼内レンズは自由診療のきわめて高価な多焦点眼内レンズのような見え方になるわけではないのですが、逆に多焦点眼内レンズのデメリットであるハローやグレアが少ないなどの利点もあります。これらの眼内レンズを用いることにより、日常生活における視力の質を向上できるようになりました。

一方、眼底に疾病のある方には眼内レンズ径の大きい眼内レンズ(X-70, Santen)を使用し、白内障手術後の眼底疾病の治療が容易になるようにしております。
他の方には眼内に細菌が入ることによる細菌性眼内炎の可能性を下げることができるプリセット型の眼内レンズ(KS-SP, StaarやAULOTO, Alcon)を使用しております。

2011年より適切な眼内レンズ度数選定のために、一般的な超音波で眼球の形態測定(AL-4000:TOMEY)に加え、より正確な測定が出来る光学的眼軸長測定器(OA-2000:TOMEY)を導入し、併用しております。これにより、白内障手術後の焦点の位置をねらいどおりにすることが出来るようになってきました。

選定療養にて高額な多焦点レンズも使用可能

2020年4月より健康保険制度が変更され、白内障手術時に選定療養*にて高額な多焦点眼内レンズも使用可能となりました。当院でも2020年から選定療養での白内障手術も実施しております。これまでの保険外診療での多焦点眼内レンズを使用する白内障手術に比べれば、選定療養で手術を行うことにより大幅に費用のご負担を軽減できるようになりました。しかし、それでも極めて高額なご負担になりますし、この多焦点眼内レンズはメリットだけでなくデメリットもあるレンズで、白内障以外の目の病気があると視力改善が少なくなる可能性があるなど、一部の方のみが手術の適応となります。このため、当院では選定療養での白内障手術をご希望の場合でも担当医にまずご相談いただいております。

*:選定療養とは、患者さんご自身が選択して受ける追加的な医療サービスで、その分の費用は全額自己負担となります。2020年より、術後の眼鏡装用率の軽減を目的とした多焦点眼内レンズを使用する白内障手術は、厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。

当院における選定療養での白内障手術に使用可能な多焦点眼内レンズは以下の4種類です。それぞれのレンズを使用する場合に選定療養の費用として、通常の白内障手術の費用に追加でご負担いただく金額は以下の通りです。

多焦点眼内レンズの種類 追加でご負担いただく金額
(選定療養の費用)
 アルコン アクリソフ IQ PanOptix Trifocal シングルピース 230,000 円
 アルコン アクリソフ IQ PanOptix Trifocal トーリック シングルピース 250,000 円
 アルコン アクリソフ IQ レストア +2.5D シングルピース 170,000 円
 アルコン アクリソフ IQ レストア +2.5D トーリック シングルピース 200,000 円

上記の選定療養での白内障手術に使用する4種類の多焦点眼内レンズ以外で、当院で通常の白内障手術時に使用しているトーリック眼内レンズ (SN6AT3-9, Aicon)、多焦点眼内レンズ (LS-313 MF15 や MF15T1-3, Santen)、大径眼内レンズ(X-70, Santen)、プリセット型眼内レンズ (KS-SP, Staar や AULOTO, Alcon) などの手術時には上記選定療養の費用は不要で、通常の白内障手術の費用のみのご負担となります。

感染予防への配慮

白内障手術機器は高性能化して手術の安全性は高まりましたが、機器は複雑で特殊な形状のものもあるため、空気だまりができ、通常の高速滅菌器械では十分に滅菌できない可能性があります。

このため、以前は理想的な滅菌をするためには半日以上かかりましたが、一度真空状態にしてから滅菌するタイプの機械の導入により、数十分で機器の完全な滅菌が可能に。また、それでも不十分な滅菌になりやすいチューブ類に関しては一例ずつ新品に交換しております。

白内障手術は同一日に多数の手術を行うことがありますので、手術時の滅菌は感染を予防する意味でも、他の方から病気をもらわないようにすることが非常に大切と考えております。

当院の斜視手術の特徴

当院では、これまで局所麻酔による斜視手術のみ行っておりましたが、2020年より麻酔科や小児科の協力により、全身麻酔による斜視手術も開始しました。これにより小児の斜視についても当院で手術を行うことが出来るようになりました。

手術前に、手術後の見え方のシミュレーション

手術前に検査用のプリズム用いて検査を行う、プリズムアダプテーション検査を行います。この検査により、隠れている斜視を検出するとともに、術後の見え方のシミュレーションを行います。斜視手術においては、手術は全く問題なくとも、一般的に手術後に複視がでたり、斜視の改善が少なすぎたりする可能性がありますが、この検査によってそのリスクを減らします。

全身麻酔手術も1泊2日入院

一般的に、斜視手術であっても全身麻酔手術の場合は手術の前日に入院が必要なことが多いのですが、麻酔科や小児科に協力していただき、当院では全身麻酔でも手術当日の入院で斜視手術を行っております。一方、局所麻酔での斜視手術は、これまで通り、日帰りから1泊2日程度の入院で行っております。

[医師のご紹介]

奥野 高司 医師 論文

平成20年4月1日より香里ヶ丘有恵会病院に眼科の常勤医として勤務しております。大阪医科大学眼科学教室の関連施設として、また日本眼科学会研修指定施設として高度で適切な診療を行うとともに、枚方市・寝屋川市・交野市など近隣地域の皆様に親しまれる眼科を目指しております。

出身大学/大阪医科大学

認定医・専門医・指導医

日本眼科学会専門医 指導医/眼瞼痙攣 ボツリヌス毒素製剤治療認定医/光線力学的療法(PDT)認定医/身体障がい者指定医(視覚障がい)/大阪医科大学非常勤講師/日本神経眼科学会 評議員

[眼科 診療実績]

眼科の主な症例に関する治療実績です。

手術室での手術等

令和1年度
(1年間:
平成31年4月から
令和2年3月)
平成20年~平成29年
(10年間)
白内障 316件 1663件
その他手術(斜視等) 31件 124件
硝子体注射 95件 150件

レーザー手術

令和1年度
(1年間:
平成31年4月から
令和2年3月)
平成20年~平成29年
(10年間)
網膜光凝固術 9件 166件
後発白内障手術 49件 284件

外来注射

令和1年度
(1年間:
平成31年4月から
令和2年3月)
平成20年~平成29年
(10年間)
ボトックス注射 29件 186件
テノン嚢注射 14件 136件