整形外科

当院整形外科は、関西医大整形外科学教室の関連施設として、また日本整形外科研修指定施設として常勤整形外科医師4人(日本整形外科専門医4人)で、診療を行っています。年間の手術件数は400件前後で、脊椎手術、関節手術、外傷を中心として、幅広く運動器疾患の外科的治療を行っています。

脊椎疾患に対しては、顕微鏡を用いた低侵襲手術や種々の固定材料を用いた脊椎固定術、さらには骨粗鬆症性骨折後の偽関節に対する椎体形成術など、症例に応じて手術術式を選択し対応しています。関節疾患については、関節鏡や人工関節置換術を行っています。
四肢の骨折治療についても、豊富な経験を有しています。
当院では、多くの理学療法士や作業療法士がいる回復期病棟も併設しており、適切なリハビリテーションを行い、患者様の機能回復や在宅復帰に努めています。

外来診療では、午前は2診体制、午後、夜間診療は1診体制で診療を行っています。患者様にわかりやすい言葉でお伝えすること、また疾患によってはパンフレット等を用いて丁寧に説明するように心がけています。今後は、より専門性の高い特殊外来(リウマチ、脊椎、手の外科等)を開設し、医療レベルの向上に努める予定です。

対象となる主な疾患

  • 整形外科は、運動器全般を扱う診療科です。“運動器”は、脊椎、関節、骨、筋肉といった命にはかかわらないものの、我々が、日々体を動かすためにとても大切な臓器のことを言います。
  • 具体的には、リウマチや変形性関節症、痛風や肩関節周囲炎などの関節疾患、腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患、四肢の骨折・捻挫などの外傷性疾患が主なものですが、それ以外にO脚や股関節脱臼等の小児にみられる四肢の疾患や四肢の腫瘍、さらには手の外科やリハビリテーションも、整形外科の守備範囲です。
  • 特に最近では、人口構成の高齢化や長寿化に伴い、高齢者の運動器変性疾患が増加しており、人工関節や脊椎の手術が増加しています。

当院の整形外科の特徴

  • 日本整形外科学会研修指定施設として、より専門性の高い診療
  • 日本脊椎脊髄病学会手術指導医による脊椎疾患の治療(顕微鏡下除圧や脊椎固定術)
  • 日本リウマチ学会専門医によるリウマチ治療(外科治療、生物製剤を含めた薬物治療)
  • 日本手の外科学会専門医による手疾患治療
  • 透析患者様の運動器疾患に対する治療
  • 外傷治療に対する豊富な経験と適切な治療

[診療日時]

平日 月曜~金曜日(土曜日は午前のみ)

  1. 午前診療: 9:00~12:00 (※受付:8:30~11:30)
  2. 午後診療:14:00~16:00 (※受付:13:00~15:30)
  3. 夜間診療:18:00~20:00(月曜・水曜・金曜のみ) (※受付:17:00~19:30)

※月曜日のみ午後診療の受付は13:00~16:30です。

フロアガイド[整形外科 2階へ]

[外来担当医]

整形外科の外来診療表は、以下、リンク先よりご確認ください。

外来診療表はこちら[各診療科の診察予定表]

[医師のご紹介]

常勤整形外科医師4人(日本整形外科学会専門医4人)、非常勤医師1人、柔道整復師1人のスタッフにて構成。
リハビリはPT15人、ST3人、常勤医には、脊椎脊髄病学会指導医やリウマチ学会認定医がおり、
専門性の高い医療を心掛けています。

理事長 松本 豊一郎 医師

出身大学/関西医科大学

認定医・専門医・指導医

日本整形外科学会専門医/日本リウマチ学会専門医/スポーツ専門医

院長 赤木 繁夫 医師

出身大学/関西医科大学

認定医・専門医・指導医

日本整形外科学会専門医/日本リウマチ学会専門医/日本脊椎脊髄病学会指導医/日本整形
外科学会認定脊椎脊髄病医

鈴木 史和 医師

長年、骨折・外傷を中心に治療にあたってまいりました。特に複雑な骨折に対しても正確な整復を心がけています。また、関節外科では股・膝関節の人工関節、膝関節鏡、脊椎外科手術、神経痛に対するブロック注射など幅広く対応いたします。
運動器の外傷や疾患を有する方々が、より快適な生活を送れるように貢献したいと思います。

出身大学/関西医科大学

認定医・専門医・指導医

日本整形外科学会専門医・同指導医

鈴木 沙弥 医師

2018年4月より赴任致しました。患者様お一人おひとりに寄り添う治療を心がけ、症状緩和や運動機能の改善に貢献できればと考えております。よろしくお願い致します。

出身大学/関西医科大学

[整形外科 診療実績]

整形外科の主な症例に関する治療実績です。

平成29年1月1日~12月31日
整形外科 21,614件