整形外科

当院整形外科は、関西医大整形外科学教室の関連施設として、また日本整形外科研修指定施設として常勤整形外科医師3人(日本整形外科専門医3人)で、診療を行っています。年間の手術件数は400件前後で、脊椎手術、関節手術、外傷を中心として、幅広く運動器疾患の外科的治療を行っています。

脊椎疾患に対しては、顕微鏡を用いた低侵襲手術や種々の固定材料を用いた脊椎固定術、さらには骨粗鬆症性骨折後の偽関節に対する椎体形成術など、症例に応じて手術術式を選択し対応しています。関節疾患については、関節鏡や人工関節置換術を行っています。
四肢の骨折治療についても、豊富な経験を有しています。
当院では、多くの理学療法士や作業療法士がいる回復期病棟も併設しており、適切なリハビリテーションを行い、患者様の機能回復や在宅復帰に努めています。

外来診療では、午前は2診体制、午後、夜間診療は1診体制で診療を行っています。患者様にわかりやすい言葉でお伝えすること、また疾患によってはパンフレット等を用いて丁寧に説明するように心がけています。今後は、より専門性の高い特殊外来(リウマチ、脊椎、手の外科等)を開設し、医療レベルの向上に努める予定です。

対象となる主な疾患

  • 整形外科は、運動器全般を扱う診療科です。“運動器”は、脊椎、関節、骨、筋肉といった命にはかかわらないものの、我々が、日々体を動かすためにとても大切な臓器のことを言います。
  • 具体的には、リウマチや変形性関節症、痛風や肩関節周囲炎などの関節疾患、腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患、四肢の骨折・捻挫などの外傷性疾患が主なものですが、それ以外にO脚や股関節脱臼等の小児にみられる四肢の疾患や四肢の腫瘍、さらには手の外科やリハビリテーションも、整形外科の守備範囲です。
  • 特に最近では、人口構成の高齢化や長寿化に伴い、高齢者の運動器変性疾患が増加しており、人工関節や脊椎の手術が増加しています。

当院の整形外科の特徴

日本整形外科学会研修指定施設として、より専門性の高い診療

日本脊椎脊髄病学会手術指導医による脊椎疾患の治療(顕微鏡下除圧や脊椎固定術)

日本リウマチ学会専門医によるリウマチ治療(外科治療、生物製剤を含めた薬物治療)

日本手の外科学会専門医による手疾患治療

透析患者様の運動器疾患に対する治療

外傷治療に対する豊富な経験と適切な治療

整形外科に通院中の患者様へ(臨床研究に関する情報)

整形外科に通院中の患者様へ(臨床研究に関する情報)(PDF)

[医師のご紹介]

理事長・院長 赤木 繁夫 医師

大学卒業以来、28年間、関西医大病院に勤務してまいりました。その間、教育、研究に携わってきましたが、臨床面では、脊椎外科、関節外科、小児整形と幅広く行ってまいりました。当院に勤務してからは、脊椎外科はもとより、整形外科全般の疾患に対して治療にあたっています。長年の大学での経験をもとに、それぞれの患者様にとって、最善の整形外科治療を行っていきたいと考えています。

出身大学/関西医科大学

認定医・専門医・指導医

日本整形外科学会専門医/日本脊椎脊髄病学会指導医/日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医/日本リウマチ学会認定医/日本臨床リウマチ学会評議員
中部整形災害外科学会評議員/小児運動器疾患指導管理医師

整形外科部長 岡本 尚史 医師

2021年4月1日に赴任いたしました。枚方市での整形外科医療も15年ほどになり、地域に根差した患者様ファーストの治療をモットーに、今後も治療を行っていきたいと思っております。
2015年4月に開設した「枚方股関節センター」も移設させて頂き、今までの経験を活かし、股関節外科を中心に、股関節外科、手の外科、外傷、脊椎外科、整形外科全般の疾患の治療を行っていきたいと考えております。

出身大学/関西医科大学

認定医・専門医・指導医

日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会運動器リハビリテーション医/日本人工関節学会認定医

半田 剛士 医師

2020年4月1日より赴任いたしました。卒業後は諸先輩方のもとで外傷、救急を中心に修練してきました。
こちらの病院でも医師のみならずコメディカルと徹底して協力しあい、
患者様に最善の医療を提供したいと考えております。

出身大学/藤田保健衛生大学

認定医・専門医・指導医

日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会運動器リハビリテーション医/日本整形外科学会リウマチ医/

髙橋 敬太 医師

出身大学/関西医科大学

[整形外科 診療実績]

整形外科の主な症例に関する治療実績です。

平成29年1月1日~12月31日 21,614件
平成30年1月1日~12月31日 24,292件
平成31年1月1日~令和元年12月31日 24,783件