リハビリテーション科

当院リハビリテーション科は、運動期リハビリテーションⅠ・脳血管疾患等リハビリテーションⅡ・廃用症候群リハビリテーションⅡを取得しており、整形疾患・脳血管障害を中心に幅広い疾患に対応しています。

また、入院患者様はもちろんのこと、外来リハビリも実施しており、急性期から回復期・維持期までの全ての時期においてリハビリを提供できる体制を取っています。医師・看護師・理学療法士・作業療法士・医療ソーシャルワーカーがチームとなり、患者様にとって最も適切なリハビリを提供することを心掛けています。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師が勤務し、各セラピストが責任を持って対応いたします。

[回復期リハビリテーション
病棟について]

回復期リハビリ病棟は骨折、脳血管障害、術後廃用症候群などを発症されてから2ヶ月以内の 患者様を対象とし、早期の機能回復を図るために集中的にリハビリを行うための病棟です。

当病棟を専門とする医師、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーがチームとなり、 患者様によりよいリハビリを提供致します。

  • 理学療法士

    病気・けが・事故等により体が不自由となった患者様や、痛みが残存している患者様に対し、運動療法(ストレッチ・筋力強化・動作練習など)・物理療法(温熱・牽引・電気など)を用いて基本的動作能力(寝返り・起き上がり・座る・立ち上がる・歩く)の改善と、身体機能(関節が動かない・筋力が弱い・痛みなど)の改善を目標に治療を行います。
    必要に応じて自助具や補助具の検討と導入、ご自宅の環境整備等にも携わり、患者様が安心して生活を送れるように援助いたします。

  • 作業療法士

    手の外科に対する装具療法や集中的なリハビリを実施することで合併症を防ぎ、早期機能回復を図るために治療を実施しています。また、入院患者様に対しては理学療法士と同様に基本的動作能力の改善に対する治療に加え、病棟ADL(食事・排泄・更衣・整容・入浴など)の獲得を目指し、個別性のある訓練を実施しています。
    ご自宅に退院される患者様には、家屋評価を実施し、住宅環境に合わせた動作練習・手すりや福祉機器の提案といった環境整備も行い、退院後の生活が安全に送れるように援助いたします。

対象となる主な疾患

  • 骨折、靭帯損傷など、外傷により生じる整形外科疾患
  • 脳血管障害、脊髄損傷などの中枢神経疾患
  • 変形性関節症、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、肩関節周囲炎、頚椎症などの退行性疾患
  • 内科的治療等で長期臥床が原因となり生じた廃用症候群
  • その他、医師が医学的観点からリハビリを必要と判断した場合